見学・研修センター

  • HOME
  • 見学・研修センター
見学・研修センター

東京ふれあい医療生活協同組合の見学・研修センター

東京ふれあい医療生活協同組合・梶原診療所では、2000年頃から医師・医学生の研修を定期的に受け入れています。特にこの数年は、医師、医学生のみならず、看護学生・看護大学院生・社会福祉士・介護職・管理栄養士など様々な職種の方が、全国から長期、短期の研修に来られるようになりました。予防から在宅緩和ケアまで幅広く地域医療を実践している都市型大規模診療所ですので、地域医療を学ぶ方にとって魅力的で豊富な研修リソースがあり、地域医療の様々な研修ニーズに応えられます。
東京ふれあい医療生活協同組合・梶原診療所は往診専門クリニックではありませんが、常時約160名、年間在宅看取り約50名と豊富な在宅研修リソースを持ち、がん・非がんを問わず、本格的な在宅緩和ケアを学べます(日本緩和医療学会認定研修施設)。豊富な在宅症例と緩和ケア外来などで、地域・在宅での緩和ケアを総合的に学べます。また、「高齢者ケア外来」を中心とした認知症の診断から看取りまでの包括的ケアシステム(梶原モデル)の中で、認知症の総合的なケアを学べることが特徴です。
また東京ふれあい医療生活協同組合では、在宅医療の専門教育プログラムである「医療生協在宅医療フェローシップ東京」家庭医療後期研修プログラム「医療生協家庭医療学レジデンシー・東京」などの本格的な長期の医師研修プログラムを運営しています。
私たちは、このような多様な研修ニーズに応えるために、2008年より研修センターを設立し、研修体制を整備してきました。梶原診療所の地域医療のフィールドを、学びの場として積極的に利用していただければ、幸甚です。
研修希望の方は、研修センターまで御遠慮なくお問い合わせください。

東京ふれあい医療生活協同組合 梶原診療所 研修センター長 平原 佐斗司

東京ふれあい医療生活協同組合の見学・研修内容

在宅サポートセンター

  • 訪問診療
  • 訪問看護
  • 訪問介護(ヘルパー)
  • 訪問リハビリ
  • 居宅介護支援事業所(ケアマネージャー)
  • 栄養マネージメント(管理栄養士)
  • 高齢者ケア外来(認知症専門外来)
  • 緩和ケア外来

外来部門

  • 家庭医療
  • 小児科(時期によっては乳児健診も可能)
  • 健診
  • 検査(エコー)

注意事項

来院される前に必ずお読みください!

梶原診療所・在宅サポートセンターの研修にあたって・研修内容

【訪問時】
身だしなみは、清潔・上品・ひかえめが基本!

  • 患者様・利用者様のお宅に訪問するのにふさわしい服装でお願いします。
  • 患者様・利用者様によっては白衣を好まれない方もいらっしゃいます。その場合は襟付きの物が好ましいです。(Tシャツはさけてください。)
  • ほとんどが自転車での移動です。動きやすい服装で参加してください。(乗れない方は事前に連絡をください。)
  • 特に女性は、華美にならず胸元には十分注意をしてください。(アクセサリーは控えめにお願いします。)
  • 履物は、脱ぎやすい物が望ましいです。(なるべく紐靴で無いほうが良いです。サンダルは不可です。)

【患者宅入室時】
研修全般を通して研修・学びに来ているという態度でお願いいたします。
患者様・利用者様・ご家族様はあなたの態度を感じ取っています!

  • 玄関では靴を揃え屋内に入る
  • 上着(特に冬場のコート類)は玄関先で脱いで入室
  • 挨拶はきちんと相手に伝わるように
  • 言葉づかいには注意
  • 患者様・利用者様の部屋に到達するまであまり周囲を見回さない
  • 可能な限り床や畳に座って見学「低い目線」が望ましい

申込み方法

申込みは希望日の1ヶ月前を目処にお願いします。

インターネットでのお申込み

お問い合わせ

郵送でのお申込み

必要書類
申込書(PDF)

※上記資料の閲覧にはAdobeReaderが必要となります。お持ちでない方はこちらよりダウンロードをしてください。

郵送先
〒114-0004 東京都北区堀船3-29-9(梶原診療所内)
東京ふれあい医療生協 研修センター宛
TEL:03-3911-3630
封筒の表に「見学・研修申込み」と朱書きし、郵送してください。
書類確認後、電子メールにて連絡いたします。